Catalyst Data Partnersについて

ABOUT US

Catalyst Data Partnersは、お客様のビジネスをサポートするマーケティング業務と販売店の業績向上を実現するリテールソリューション業務を行っております。

▽マーケティング

(マーケティング)

▽リテールソリューション

(リテールソリューション)

マーケティング(DB WATCH)

全国のTSUTAYAの購買データと、Tカード利用者の属性データとを連携し、商品、購買層、エリア、期間など様々な切り口で購買状況を分析し、データを可視化するシステムです。

WATCH

どんな人が買ったの?

どんな人が買ったの?

誰がいつ商品を購入したのか。性別や年代の傾向が瞬時にわかります。

その人の興味は何?

その人の興味は何?

時系列でお客様が何を同時に購入したのかが抽出でき、併売パターンが掴めます。

商品のライフサイクルは?

商品のライフサイクルは?

時代の傾向・ジャンル・著者・アーティストの特徴によって商品の動向は大きく変化します。常に動く商品のライフサイクルを把握できます。

世の中のトレンドがわかる

世の中のトレンドがわかる

継続して購入されるには理由があります。安定した販売を保ち増倍させる為にデータが活躍します。

他社データがわかる

他社データがわかる

自社商品に閉じず、他社商品のデータも見ることが出来る為、業界全体のトレンドを知る事ができます。

企画に活かせる

企画に活かせる

既刊の売上・在庫状況を検証することで次の商品企画・アクションへと繋げます。

リテールソリューション

宣伝販促・市場マーケティング・人材・レジシステム導入などの課題に対してTカードのデータを活用したマーケティングシステムとTSUTAYAの店舗運営で培ったノウハウを活かして、それぞれのお店に合わせたソリューションをご提案いたします。

経営支援

経営支援

TSUTAYAのノウハウを生かし、新しいアイテムのご提案や経営課題全般に対し、幅広くご支援いたします。

販促支援

販促支援

ポイント加盟店は83万店舗、国内では2人に1人が利用するTカードのマーケティングシステムを活用し、効果的で効率的な販促をご支援いたします。


※利用者数/提携店数は
2018年4月現在

定着率・生産性支

定着率・生産性支援

組織のチームワークを高め、定着率・生産性を向上させることで、御社の業績UPを目指します。

わたしたちの目指す世界

会社概要

  • 社名株式会社Catalyst Data Partners
  • 資本金80百万円
  • 主要株主カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
  • 代表取締役社長髙橋 誉則
  • 事業内容データベース・マーケティング事業
  • 所在地東京都渋谷区南平台町16-17

■個人情報保護方針

はじめに

株式会社Catalyst Data Partners(以下、「当社」といいます)は、個人情報保護の重要性に鑑み、データベース・マーケティングサービス事業の運営に際して、全ての個人情報を、当社事業の内容及び規模を考慮し、適正に利用、提供及び管理するとともに正確性・安全性の保持に努めます。当社はこの個人情報保護方針を全役職員に周知徹底するとともに確実に履行し、個人情報保護に係る社会的ニーズの変化等に応じて当社の個人情報保護の管理の仕組を適宜見直し、継続的に改善して参ります。

個人情報の管理、取得、利用及び提供に関して
  1. 1)個人情報の管理
    当社は、個人情報を適切に保護、管理する体制を確立し、個人情報の適正な取得、利用および提供に関する社内規程を定め、これを遵守します。
  2. 2)個人情報の取得 当社は、個人情報を取得する場合、利用目的を明確にし、適正に取得します。
  3. 3)個人情報の利用 当社が取得した個人情報については、取得時に明示した利用目的の範囲でのみ利用します。 なお、当社が取得したT会員情報については、T会員規約第4条第3項に定める利用目的の範囲内で利用します。
  4. 4)個人情報の提供 当社は、「法令で認められる場合」を除いて、個人情報について、あらかじめご本人から同意をいただいた提供先以外の第三者に必要な範囲を超えて提供はいたしません。詳細は個別のサービス及びサイトにて個人情報取得時に明示した利用規約等をご参照ください。
    なお、「法令で認められる場合」には、以下の場合を含みます。
    ① 法令に基づく場合
    ② 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    ③ 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    ④ 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することにと対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
法令等の遵守

個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針、その他規範を遵守します。

個人情報の管理、安全対策について

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、き損、改ざんおよび漏えい等のリスクに対して適切な予防措置を講ずることにより、個人情報の安全性、正確性の確保を図ります。
また、万が一、問題が発生した場合には、被害の最小限化に努めるとともに、速やかに是正措置を実施します。

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護を適切に維持するために、個人情報保護マネジメントシステムを確立し、運用状況について定期的に監査を実施し、継続的な改善に努めます。

匿名加工情報の取り扱いについて

株式会社Catalyst Data Partners(以下「当社」)は、「個人情報の保護に関する法律」(これに基づく政令及び個人情報保護委員会規則を含み,以下「個人情報保護法」)、「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」(「通則編」他すべてを含む)等、その他法令・ガイドラインを遵守するとともに、特定の個人を識別すること及び作成に用いた個人情報を復元することができないよう適切な保護措置を講じた上で、匿名加工情報の作成と当該情報の第三者への提供を継続的に実施します。

  1. 1. 匿名加工情報の元となる項目
    (1) お客様の個人属性情報(氏名、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日、住所等)
    (2) お客様のサービス利用履歴(ポイントサービス等T会員向けサービス利用時の情報)
    (3) 会員番号等のID
    尚、匿名加工情報には、上記のうち、当社社内及び提供先での利用目的に応じ、必要最低限の項目のみが含まれます。
  2. 2.匿名加工情報の作成方法
    当社は、個人情報保護法が定める加工基準に則り、以下のような加工方法及びこれらを組み合わせた方法等により、上記1の項目から、匿名加工情報を作成します。
    主な加工方法と加工例
    (1) 特定の個人を識別する項目(記述等が合わさることで識別することができるものを含む。以下同じ)の削除
    例) 特定の個人を識別することができる項目(氏名、電話番号等)を削除
    (2) 特定の個人を識別する項目の仮名化
    例) 会員番号等のIDは再識別ができないランダムな文字列等に変換
    (3) 特定の個人の識別又は元の個人情報の復元につながるおそれがある項目の一般化等
    例) 生年月日を年齢層や生年月に変換
    例) 住所は都道府県及び郵便番号(上3桁のみ)に変換
    例) 一定期間の購買履歴を購買動向に変換
    例) 個別項目の集計結果の表示が単数となる場合に、当該集計結果を個人が識別できない状態まで加工
  3. 3.匿名加工情報の提供方法
    当社が作成した匿名加工情報を第三者に提供する場合、データファイルの暗号化やパスワード保護するなど、セキュリティを確保した上で、データの送付、記録媒体での送付又は書類での提供を行います。
  4. 4.匿名加工情報の安全管理措置
    当社は、社内規程を定め、適切な安全管理措置を講じます。また、社内規程に基づき、匿名加工情報を取り扱う従業員に対し、教育・監督を行います。

  5. 2019年12月31日 制定

  6. 個人情報の苦情・相談への対応

    個人情報の取扱いに関するご本人からの苦情及び相談について対応窓口を設置し、適切に対応します。
    ※本件の対応窓口はこちらです。
    株式会社Catalyst Data Partners
    03-6800-4842

    制定日:2018年4月1日
    改訂日:2021年4月27日
    代表取締役社長 髙橋 誉則

TOP